高齢化社会となり医療や介護の現場におけるリハビリ職への需要は年々高まっています。また、プロアスリートを支えるスタッフや、スポーツジムにおける指導員の仕事など活躍の場は広がりを見せており、リハビリのプロを目指したいと考えている人は多いでしょう。

リハビリのプロを目指すのであれば専門学校で勉強するのがおすすめです。その理由について詳しく説明していきます。

リハビリ専門学校に行く必要はある?

プロとしてリハビリを提供する為には理学療法士や作業療法士といった資格を取得しなければなりません。理学療法士や作業療法士は医師や看護師と同じ国家資格であり、資格を取得する為には国が認定を行なった養成学校を卒業し、最終的に国家試験に合格しなければなりません。

養成学校にあたるのがリハビリ専門学校やリハビリの大学であり、資格取得に他のルートはなく必ず養成学校を卒業しなければなりません。実力重視のリハビリのプロを目指すのであれば、実践的な仕事力が身に付く専門学校がおすすめです。

リハビリ専門学校の種類

リハビリ専門学校は学習期間や学ぶ時間帯によっていくつかに分類出来ます。

①3年制と4年制

リハビリ専門学校には3年制と4年制の学校があります。つまり、理学療法士や作業療法士の資格は最短3年で取得することが出来ます。一見すると3年制の学校の方が短期間で資格が取得できて良いように感じますが、理学療法士や作業療法士になるために学ぶことは非常に多く、3年制の学校のカリキュラムは詰め込み型のかなり厳しい内容になっています。勉強に付いていけなくなるとリカバリーするのが難しい場合も多く、4年制の学校でゆとりを持って学習したほうが必要な知識や技術が身に付きやすいという面があります。

3年や4年の高学年になると厳しい臨床実習が待っています。挫折をしないためにも4年制の専門学校でしっかりと時間をかけて基礎を学び、万全の状態で臨床実習に望むことをおすすめします。

②昼間と夜間

リハビリ専門学校は日中に学習する昼間部と夕方から学習する夜間部があります。一般的なのは昼間部であり養成学校の数や定員数を見ても圧倒的に多いです。夜間部は仕事をしながら資格取得を目指す人のためのものですべて4年制となります。

夜間部は仕事を終えてから昼間部と同じカリキュラムを学ぶことになるため、高い志がある人でないとなかなか長続きしません。途中で挫折してしまうとそれまでの学費が無駄になってしまうため注意が必要です。また、高学年になって臨床実習の時期になると仕事は行えないため、職場の協力を得るか、仕事をやめるかを選択する必要があります。確実に取得を目指すのであれば昼間部の4年制でじっくり学ぶことをおすすめします。

③リハビリ以外の学科がある場合も

リハビリ専門学校の多くは理学療法学科と作業療法学科で構成されていますが、中には言語聴覚士や介護福祉士、看護師を目指す学科を併設しているところもあります。多くの人と触れ合えると言う点は良い点ですが、設備が共用となるケースが増えるため、思ったように設備が活用できない場合があります。リハビリに特化した学校であれば授業以外の時間にも設備を有効に活用できるため、自習によって効率的に実技などの学習を行なうことが出来ます。

3年制の専門学校や夜間部の学校には短期間で資格取得が目指せたり、働きながら資格取得が目指せるというメリットがありますが、実際に入学してみると大変なことが多いです。養成学校でプロとしての知識や技術を確実に身につけたいのであれば、じっくりと学ぶことができる昼間部の4年制の専門学校で学ぶことをおすすめします。

リハビリ専門学校で学べる内容は?

リハビリ専門学校で学ぶ内容は大きく分けると二つです。

① 医学や医療の基礎

一つ目は医療人として働くために必要な医学や医療の基礎についての学習です。具体的には解剖学や生理学、運動学などといった科目で体の仕組みや病気などについて学習します。

基礎といっても内科や外科、整形外科、精神科など医療機関で標榜されている学科の多くについて学習する必要があるため、学ぶことは非常に多いです。医学の基礎がない人は根拠を持ったリハビリの提供や病気へのリスク管理、医師や看護師といった他の職種の方と専門的な意見交換が出来ません。1年や2年の低学年のうちに医学の基礎を身につけておくことで、その後の学習をスムーズに進めることが出来ます。

② リハビリのプロとしての専門的な知識や技術

二つ目は理学療法士や作業療法士、それぞれにおける専門的な知識や技術です。理学療法士と作業療法士はリハビリを提供すると言う点では共通していますが、根拠となる考え方や治療の手法には違いがあります。それぞれの違いについての説明は割愛しますが、実際の医療現場や介護現場では理学療法士、作業療法士が違うアプローチを行なうことで相乗効果を生み出し、患者に対して良い治療を提供することが出来ます。

専門知識についてはまず学内で知識や技術を学習し、高学年になって行われる臨床実習で実用的に利用できるよう勉強していくこととなります。

大学とリハビリ専門学校の違いは?

プロを目指すのではあればリハビリ専門学校がおすすめと言いましたが、リハビリの大学とはどのような違いがあるのでしょうか。学べる内容や合格率、学費などにポイントに分けて説明します。

①学べる内容

理学療法士や作業療法士になるために必要な医学の基礎や専門知識が学べると言う点では大学も専門学校も共通しています。しかし、大学の場合は学士や修士、博士といった学位の取得が目的となるため、専門学校よりも一般教養などを加えた総合的な学習を求められる傾向にあります。

専門学校では国家試験合格や就職に重点を置いた学習が受けられるため、プロとしての実力を身に着けたいのであれば専門学校がおすすめになります。現在では4年制専門学校を卒業した人には高度専門士の称号が与えられるようになっており、学位と同等の価値が認められるようになってきています。大学を優先的に選ぶ理由は少なくなっていると言えるでしょう。

②合格率

国家試験合格率については学校により違いがあるため、大学と専門学校で一概に比較することは出来ません。しかし、専門学校では国家試験対策に力を入れている学校が多く、その結果として毎回100%に近い高い合格率を出している学校があります。大学の場合は選択科目が多いなど学習の自由度が高く、勉強については学生の自主性に任せている学校が多い傾向にあります。合格率を重視するのであれば国家試験対策が充実している専門学校を選ぶのが良いでしょう。

③学費

学費については学校によって金額に幅はあるものの、平均的な金額を比較すると大学のほうが高い傾向にあります。4年間の総額で150~200万円の差がある場合も少なくありません。大学が高くなりやすい理由としては敷地が広く設備維持にお金がかかると言う点と、研究を行う為に高度な機器を導入しなければならない事情があるためです。留学などの名目で学費以外に追加のお金がかかったり、実習費を別に請求されるケースもあるため注意が必要です。

立地によっても学費は異なる傾向にあり、都会にある学校は当然ながら金額は高くなります。学費と教育の質が比例しているわけではないので、養成学校の選択は中身を見て総合的に判断することが大事です。

④実習

実習については実際の病院や介護施設などで行われるため、大学と専門学校で内容に差が出ることはありません。しかし、実習に臨むにあたっての準備やサポートに関しては学校によって差が出ます。専門学校では就職後のことを意識した指導を行っているため、万全の準備で臨床実習に臨むことが出来ます。教師と生徒との距離が近いため、直接的な指導や実技に関するアドバイスも受けやすいと言う点も大きなメリットです。

大学の場合には学習が生徒の自主性に任せられていることが多かったり、一般教養など学ぶ内容が広いことで実習への準備が不足し、実習で苦労するケースも多いです。

⑤就職率

大学と専門学校を比較した場合、大学のほうが専門学校よりも就職に有利と言うことはありません。その理由は取得する国家資格に違いはなく、就職後の仕事ぶりに大学か専門学校の卒業かで差がないことは分かっているからです。それよりも個人が養成学校でどのようなことを学んできたかや、医療人として大切な人柄が重視される傾向にあります。

しかし、学校ごとの就職率には差があるため、就職率が高い学校を選ぶことは重要です。就職率が高いことには理由があり、就職のサポートがしっかりとしている、優秀な学生をたくさん卒業させており就職先からの信頼があるなどのことがあげられます。学校を選ぶ際には就職率にも注目するようにしましょう。

リハビリ専門学校に行くために必要な偏差値は?

リハビリ専門学校に合格する為に必要な偏差値は50前後です。つまり平均的な学力を持っている人であれば合格することが可能です。学校によって多少の偏差値の差はありますが、偏差値は学校の優劣にはあまり関係していません。毎年の受験者数によっても変わってきますし、ネットで公表されている数値も正確である保証がないため、参考程度にしておくことが重要です。

一般受験ではなく推薦を使って入学する場合には学校での評定が重視されます。偏差値で決まるわけではありませんが、高校で良い成績をおさめていた方が推薦で合格する確率は当然高くなります。しかし、成績が全てではなく、面接による応対や人間性が重視されることを忘れてはいけません。

リハビリ専門学校の学費はどれくらい?

専門学校の学費を比較してみると4年制専門学校では年間約100万円~175万円、3年制専門学校で年間約115万円~170万円となっています。学費が安い学校と高い学校とでは総額で300万円もの差があることが分かります。学費と教育の質とは比例しないため、学校を選ぶ際には学費と学習できる内容、国家試験対策、就職率など総合的な判断で選択することが重要です。

久留米リハビリテーション学院では総額430万円と利用しやすい学費となっていますが、高い国家試験合格率と就職率を残しています。学校を選ぶ際には学費と中身の両方から選ぶようにしましょう。

参考にご覧ください

これからリハビリのプロを目指す方へ

リハビリの仕事はこれからさらに需要が高まる仕事であり、人の役に立つことを実感できるやりがいのある仕事です。しかし、リハビリの資格保持者が増えることで今までよりも実力が重視される時代がやってきます。

リハビリのプロとして活躍する為には養成学校時代にいかに基礎をしっかりと学べるかが非常に重要であり、学校選びは慎重に行なう必要があります。良い学校を見つけてリハビリのプロとして活躍できることを期待しています。

参考にご覧ください

メルマガ・LINE・SNSで最新情報発信中!

記事の執筆者と監修者

執筆者

大坪 健一(理学療法士)

福岡大学 経済学部卒業後、一般企業勤務。
その後、4年制専門学校の理学療法学科卒業後、理学療法士免許取得。
社会医療法人財団白十字会 白十字病院、福岡市内の専門学校の勤務を経て、医療法人八女発心会 専門学校久留米リハビリテーション学院の教務部長に就任。

主な経歴・資格 理学療法士免許
福岡大学スポーツ健康科学研究科
スポーツ健康科学専攻 博士課程前期(スポーツ健康科学修士)
所属 医療法人八女発心会 専門学校 久留米リハビリテーション学院

監修者

整形外科医 姫野信吉姫野 信吉(整形外科医)

東京医科歯科大学医学部卒業後、九州大学整形外科、東京女子医大付属リウマチ痛風センターを経て、姫野病院院長に就任。介護老人保健施設舞風台の開設に伴い、医療法人 八女発心会 理事長となる。

<診療科>整形外科・リウマチ科
<専門分野>手や足腰の痛み

主な経歴・資格 元 東京女子医科大学 膠原病リウマチ痛風センター 講師
日本整形外科学会専門医
脊椎脊髄病医
リウマチ医
運動器リハビリテーション医
スポーツ医
日本リハビリテーション学会臨床検査認定医
所属 医療法人八女発心会 姫野病院
住所 〒834-0115
福岡県八女郡広川町大字新代2316
WEBサイト https://www.himeno-hp.jp
連絡先 0943(32)3611

運営者情報

サイト運営者

運営者 専門学校久留米リハビリテーション学院
住所 〒834-0102
福岡県八女郡広川町水原1541
WEBサイト https://kurumereha.ac.jp
連絡先 0943(32)7700