理学療法士の中にはアスリートやプロスポーツ選手を対象にしたスポーツ分野で働いている人がいます。スポーツ分野での理学療法士の仕事に興味がある人のために、役割や仕事内容、目指すために必要なことをご紹介いたします。スポーツ分野の理学療法士になるために、ぜひ参考にしてください。

スポーツ分野における理学療法士の必要性

理学療法士は運動療法と物理療法を用いて患者にリハビリテーションを提供するのが仕事であり、運動に関しては専門的な知識を持っています。スポーツ分野で重要な解剖学や運動学、動作分析に関する勉強は理学療法士になるための必須科目となっているため、理学療法士の資格を取得した時点でスポーツ分野で活躍するために必要な医学的な知識は習得できていると言えるでしょう。

理学療法士は運動に関する知識と医療に関する知識を併せ持った資格であり、医学的根拠に基づいた施術や指導が行なえる人材としてスポーツ分野で必要とされています。

理学療法士の資格とあわせて、日本体育協会公認のアスレティックトレーナーの資格を取得すれば、プロスポーツチームやナショナルチームなど、高いステージでの仕事に挑戦することも可能になります。

日本では少子高齢化の進行とともに、学生の体力低下や勤労世代の生活習慣病、高齢者の介護予防などが社会問題となっています。これらを解決する手段としてスポーツが注目されており、安全で健康的なスポーツを推進する専門家として、理学療法士は必要とされています。

スポーツ分野における理学療法士の役割

スポーツ分野における理学療法士の役割は主に4つです。

①傷害予防

スポーツは健康づくりに良いとされている一方で、怪我や病気を誘発する危険性があります。理学療法士は怪我につながる動作を改善したり、事前の準備運動や運動後のケアを指導することで傷害予防を行ないます。

②競技パフォーマンスの向上

効率的な動作を指導したり、トレーニング方法を指導することでスポーツ選手のパフォーマンス向上を図ります。マッサージやストレッチ、温熱療法などによって痛みの軽減や筋肉の働きを維持し、選手が常にベストな状態でパフォーマンスができるようコンディショニング調整を行ないます。

③スポーツの現場における外傷への対応

スポーツの現場では心停止などの命にかかわる症状や様々な外傷が起こる可能性があります。理学療法士は救命救急の対応や、擦り傷、捻挫、骨折などの外傷への処置・対応を行ないます。

④リハビリテーション

怪我をした患者が選手として復帰できるようリハビリテーションを提供します。医師の診断にもとづいて行なわれ、患者の身体機能を回復させると共に、症状が再発しないような体作りや動作の指導を行ないます。

スポーツ分野の具体的な仕事

スポーツ分野の理学療法士の仕事には以下のようなものがあります。

スポーツリハビリテーション

スポーツ選手としての復帰を目的としたリハビリテーションを行ないます。主には脱臼や骨折、捻挫、靭帯損傷、肉離れなどのスポーツ外傷や、野球肩・野球肘、テニス肘、ジャンパー膝、疲労骨折などスポーツの繰り返し動作によって起こるスポーツ障害などへの治療を行います。

プロスポーツトレーナー

プロスポーツ選手のトレーナーとして選手をサポートします。競技団体やプロスポーツチームが運営する医療チームに所属する方法と、プロスポーツ選手個人と専属契約を行う方法があります。主な仕事は選手のコンディショニング調整やパフォーマンスの向上、怪我をした選手へのリハビリテーションとなります。プロスポーツは結果がもっとも重視される世界です。選手からの要求はシビアですが、自分の実力を試せるやりがいのある仕事です。

障害者スポーツトレーナー

車椅子バスケットボールや陸上競技など障害者スポーツのサポートを行ないます。理学療法士は他の資格よりも障害に関して多くの知識を持っています。その知識を生かして障害に起因する選手の体調管理を行なうのが主な仕事です。

障害者スポーツでは車椅子や義足が使用されることが多く、車椅子のシーティングや義足の調整などを適切に行なうことで怪我の予防や競技パフォーマンスの向上につなげることができます。

障害者は一般の人よりも体に負担がかかりやすく、怪我や痛みが出やすいという特徴があります。理学療法士が適切なサポートを行なうことで選手は安心でき、競技で高いパフォーマンスが発揮できるようになります。

地域スポーツのサポート

高校野球や高校サッカーといった学生スポーツや、地域にあるスポーツクラブでも理学療法士が活躍しています。主な役割は正しいトレーニング方法を指導し、怪我の予防やコンディショニング調整を行なうことです。アマチュアスポーツでは間違ったトレーニング方法を行なっている場合があり、適切な指導によってパフォーマンスが大きくかわることも少なくありません。

地域スポーツへの理学療法士の関わりは、ボランティアによって支えられている状況です。収入がある仕事として定着するかどうかは今後の課題と言えるでしょう。

理学療法士としてスポーツ分野に関わるためには?

理学療法士としてスポーツ分野にかかわるためにはどうすればよいのかについて説明します。

① スポーツリハを取り扱っている病院に就職

一番の近道はスポーツリハに力を入れている医療機関や、スポーツ医学で有名な医師が所属している医療機関に就職することです。これらの医療機関にはスポーツリハを目的とした患者がたくさんやってきます。治療を通じてスポーツリハの経験を積むことができ、スポーツ分野で活躍するために必要なスキルを身につけることが出来ます。

優秀な医師のもとには有名なプロスポーツ選手が集まります。スポーツリハを通じて信頼関係を築くことでプロスポーツ選手との個人的な契約など新たなチャンスが生まれることもあります。

② スポーツトレーナーになる

競泳や陸上などの競技団体や、プロ野球やJリーグ、バスケットボールなどのプロスポーツでは選手をサポートするスポーツトレーナーとして理学療法士を採用しています。実力がある人の中にはオリンピックなどに出場する選手を支えるナショナルチームのトレーナーとして活躍している人もいます。

③ 勉強会に参加して人脈を作る

スポーツ分野で活躍するためには人脈は重要です。勉強会には積極的に参加し、親睦会などで多くの人と知り合うようにしましょう。勉強会にやってくる講師はスポーツ分野で活躍する医師や理学療法士、スポーツトレーナーなどです。これらの人たちと関係を作っておくと仕事を紹介してもらえるチャンスが広がります。

スポーツ分野の理学療法士を目指すために

スポーツ分野で活躍する理学療法士になるために必要な学校選びと、学校での勉強方法について説明します。

①理学療法士として働くためには国家試験合格が必要

スポーツ分野で理学療法士として働くためにはまず国家試験に合格し、理学療法士の資格を取得しなければなりません。そのため、学校を選ぶ際には国家試験対策がしっかりとしており、合格率が高い学校を選ぶことが重要です。スポーツ分野においては、学歴よりも実践的な能力が求められます。少人数制で丁寧な実技の指導が受けられる専門学校は、その点でスポーツ分野を目指す学生に向いています。

②スポーツ分野で重要な科目は重点的に学習しよう

スポーツ分野で活躍するために解剖学や運動学、動作分析などを重点的に学習することが必要です。これらの知識は骨や筋肉、関節などの運動器の働きを理解する上で必須の科目であり、これらの知識がなければ問題がある部位を特定したり、幅広い施術方法を提供することは出来ません。

また、スポーツ分野には起こりやすいスポーツ外傷やスポーツ障害があります。これらに対するリハビリテーション方法についてはしっかりと勉強しておくことが必要です。

③臨床実習ではスポーツ分野に強い医療機関を希望できる場合も

学校によっては臨床実習を受ける医療機関を希望できる場合があります。スポーツ分野に強い実習先を希望すれば、学生のうちにスポーツリハを体験することが可能です。

最後に

スポーツ分野で活躍する理学療法士になるためには、まず国家試験に合格しなければなりません。そのため、養成学校を選ぶ際には国家試験対策がしっかりとしている学校を選ぶことが大事です。

スポーツ分野では実力が重視され、結果を出すことが求められます。自分の目標を達成するためにどのような勉強が必要かを考え、自分から積極的にアクションを起こすことが必要です。1人での学習が難しい実技は教員から教えてもらいましょう。実技を勉強する環境は、教員との距離が近い専門学校が向いています。

理学療法士・作業療法士を目指す方はこちらも参考になります

メルマガ・LINE・SNSで最新情報発信中!

この記事を書いた現役の理学療法士は・・・

理学療法士 7年目(33歳・男)

大学卒業後、一般企業に就職し社会人を経験。その後理学療法士を目指して4年制のリハビリ専門学校へ入学。病院・介護老人保健施設・デイケアで働く経験を持つ現役の理学療法士。

この理学療法士が書いた他のおすすめ記事