作業療法士になるためには専門学校や大学の作業療法士学科に入学し、必要なカリキュラムを習得して国家試験に合格する必要があります。

作業療法士になるための費用として一番大きくかかってくるのが学費です。作業療法士の養成校で必要な費用について詳しくみていきましょう。

 

※理学療法士版の学費についても参考にご覧ください

理学療法士大学と専門学校の学費比較と学費を安くする方法はある?

作業療法士になるために必要な学費を大学と専門学校で比較

作業療法士の養成校でかかる学費を4年制専門学校、3年制専門学校、国公立大学、私立大学、夜間の学校別にみていきましょう。

それぞれ、1年間の学費の平均を比較しています。学校によって学費と公開されているものが授業料のみの場合や実習費も含まれている場合もあります。

授業料とは別に、教科書・教材費、設備費、臨床実習費、ユニフォーム代、学生災害保険料、健康管理費、海外研修費、同窓会費、後援会費、学友会費、資格講習費、健康管理費などが数万円~数十万円単位で必要となってくる場合もあります。

4年制専門学校

4年制専門学校の場合、1年間の学費は約117万円~152万円です。

  • A校:年間平均約117万円
  • B校:年間平均約152万円
  • C校:年間平均約131万円

 

  • 久留米リハビリテーション学院:年間平均 107.5万円

https://kurumereha.ac.jp/guide/gakuhi

3年制専門学校

3年制専門学校の場合、1年間の学費は約120~136万円です。

  • A校:年間平均約136万円
  • B校:年間平均約128万円
  • C校:年間平均約120万円

国公立大学

国立大学の場合は年間の学費が53万5,800円に初年度は入学金が28万2,000円です。

公立大学の場合は年間の学費は約50~60万円で、入学金はその大学のある都道府県に在住しているか、または親族が在住しているかで約20~40万円の幅があります。

私立大学

私立大学の場合は、1年間の学費は約168~178万円です。

  • A校:年間平均約175万円
  • B校:年間平均約178万円
  • C校:年間平均約168万円

夜間の学校に通う場合

夜間の学校の場合は、1年間の学費は約110~133万円です。

  • A校:年間平均約133万円
  • B校:年間平均約113万円
  • C校:年間平均約110万円

学費が高い・安い理由は?

養成校の体系別や同じ体系の学校であっても学費の高い・安いの差があるようです。学校によって学費の差がみられる理由を探ってみましょう。

大学は比較的高め

私立大学は同じ4年間学ぶ4年制の専門学校と比べても学費が高い傾向があります。

専門学校は職業に必要な専門的な能力の育成や教養の向上を目的とし、現場に出て即戦力となる力を養います。

大学では学術を学ぶことを中心とし、専門的な内容を深く学んで研究し、知的・道徳的・応用的な能力を身に着けることを目的としています。

大学は幅広い学術を学び研究する機関なので、施設の規模が大きく、幅広い分野の設備が充実しており、大学ごとの理念や目的に応じて、経費をかける部分も異なってきます。

様々な学部・学科の教授・講師も多く在籍しており、研究も実施しているので私立大学では、学費が専門学校より高くなる傾向があります。

立地条件が良いと高くなる傾向が

一般的な家賃が駅近であると高くなるように、学校も立地条件が良いと学費が高くなることもあるようです。都心部と地方とで家賃の差があるように、地域によっても学費の差がみられるようです。

一概に立地や地域のみで、学費の高い安いが決まっているわけではないので自分が求める条件に対して学費が高いか安いかというスタンスでみていくとよいでしょう。

学費を安くする方法はある?

1年に百万単位で必要な学費ですが、今はたくさんの学校で入学金や学費が安くなるさまざまな免除制度が設けられています。学費の負担が大きいと感じる場合でも、自分の条件に合う制度を活用するのもよいですね。

特待生制度

入学試験の成績が基準を満たしており、かつ選抜された場合に授業料が10~30万円程度免除されるという特待生制度を導入している学校もあります。所持している資格や両親や兄弟姉が卒業生の場合に学費の減額が受けられる場合もあります。

奨学金制度

日本学生支援機構をはじめ都道府県など地方公共団体や民間団体、学校独自の奨学金制度があります。成績と経済的な基準によって、無利息、または利息ありで決まった金額を借りることができる制度です。

※こちらの記事も参考にしてください

教育ローン

国や民間会社、銀行などの教育ローンを受けられます。

その他

学校説明会に参加し、説明会参加証明書を提出すれば入学金が免除されるという学校や、早期に入学試験を受けると入学金が減額になるという学校、推薦入試に合格した場合に授業料や入学金が免除される学校もあります。

学費は1年分まとめて、または前期・後期に分けた半年分の学費を納入することが多いですが、分割制度を取り入れて一回に支払う学費の負担を少なくできる制度を取り入れている学校もあります。

学費以外にかかる費用

学費以外にも入学金、教科書代、実習費用などが必要です。親元を離れて学校の近くに一人暮らしをする場合には生活費用も必要です。

それぞれどのような費用でどのくらいかかるかをみていきましょう。

入学金

入学金は入学手続き時に収めることが多く、学校によって20~50万円程度です。入学時に必要な費用であり、2年目からは払うことはありません。

教科書代

授業で用いる教科書や教材などの費用です。各学校で指定されている専門書・教科書を購入します。演習などの授業で使用する教材費も必要となります。毎年購入する必要があり、数万円~十数万円が必要となります。

実習費用

学校の授業で行う実験実習や評価実習、臨床実習で必要な費用で約30~50万円必要です。

臨床実習ではひとつの分野につき約2か月間実習を行います。実習先までの行き帰りの交通費や、自宅から遠方の実習施設となる場合は、実習先近くに宿泊することもあり、その場合は宿泊費や生活費も必要となります。

※こちらの記事も参考にどうぞ

生活費用

実家を離れて学校の近くに家を借りて一人暮らしをする場合や寮に入る場合は、毎月の家賃が必要となります。地域によって差はありますが単身用マンションなどで4~7万円程度必要となります。都会ではもっと家賃が高くなることもあるでしょう。

一人暮らしの場合は敷金・礼金や引っ越し費用、家電製品などの家財道具一式、生活用品の購入費などのまとまったお金が初めに必要となります。食費や生活用品などで一カ月2~3万円程度、水道光熱費や通信費、娯楽費なども必要です。一人暮らしの場合は家賃と併せて1か月10万円程度必要となってくるでしょう。

学費以外に大切なリハビリ学校選び

学校生活では学費や毎月の生活費が必要となるので、それぞれの学校の学費など、経済的な面をチェックしておくことは大切です。

ただ、「自分の行きたいA校よりもB校の方が学費が安いから」という理由で学校を選んでしまうことや、「自分が考えていたよりも学費が高かったので諦める」という選択をしてしまうと本当に自分の求める学びが得られないこともあります。

自分がどのような環境で学びたいのか、どのような特色のある学校を求めるのか、国家試験の合格実績や卒業後の作業療法士の就職率はどのくらいかなど、作業療法士になるために有益な情報を大切にして学校選びを行ってほしいと願います。

ホームページの画面やパンフレットで得られる情報よりも、実際に足を運び学校の雰囲気や周りの環境を体感した方が他の学校との比較もしやすくなります。是非、オープンキャンパスに足を運んで自分の目で確認してみましょう。

運営者情報

サイト運営者 専門学校 久留米リハビリテーション学院

メルマガ・LINE・SNSで最新情報発信中!