理学療法士の養成学校では一般科目として英語の授業が行なわれます。そのため、英語が苦手な人の中には不安を感じているという人がいるでしょう。一方で英語が得意な人は、その能力を理学療法士の仕事に活かしたいと考えていると思います・・・