リハビリ専門学校の選び方

将来性を見据えたリハビリ学校の選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
将来性を見据えたリハビリ学校の選び方

私は、4年制の専門学校を卒業し、現在は東京都内で訪問リハビリを行っている理学療法士です。最初から理学療法士になりたいと思っていたわけではなく、高校卒業後は塾の個別指導や家庭教師として受験生をサポートする立場にありました。

そんな私が今、理学療法士として充実した仕事に就けているのは、まずは専門学校選びに成功したからと言っても過言ではありません。個人的な経験からではありますが、学校選びに重要なポイントをいくつかご紹介したいと思います。

大学か専門学校か?

私はとにかく「確実に就職したい」「手に職を持ちたい」「会社に縛られたくない」と考えていました。そのため、まず、就職に直結するという点で、大学よりも専門学校を選びました。

大学では、必ずしも特定の職業とリンクしているとは限りません。とくに学ぶ幅の広い学科の大学生は、結果的に“たまたま内定をもらったからその仕事に就いた”という事態になりかねません。学生時代に学んだことを直接生かせずに、就職後、会社のやり方に沿って仕事を身に着けていくこととなります。

では、専門学校の中ではどの分野が確実に就職できるのか。それは今でも80%以上のトップの就職率を誇る医療系で間違いがないと思いました。大学とは違い、専門学校は担任制であることが多く、教員との距離が近いのも安心できました。

3年制専門学校よりも4年制専門学校へ!

4年制の専門学校であれば『高度専門士』の資格を得られて大学院にも行ける、4年制のカリキュラムには余裕があるので研究や国家試験対策が充実している、などは、もはや4年制専門学校のメリットの常識となっています。

一方、3年制のメリットとしては最小のコストと時間で早く仕事に就ける、という点をアピールする学校が多いようです。

しかし最近、3年制の専門学校が、文部科学省に4年制設置の認可申請をし、決定するまで募集を停止しているケースが見受けられます。これは、在校生にとっては大変不安なことです。自分の学年で学校が無くなる恐れがあるわけで、卒後教育や就職のサポートも魅力な専門学校のメリットが削がれてしまうのです。

理学療法士・作業療法士の専門学校なら地方へ!

これは、最近の学生や新卒の方に接して改めて実感したことです。首都圏の学校は、専門学校の乱立や学生人口の多さから、付近に臨床実習施設が足りていないケースが多くあります。東京の学校から北海道や九州の病院まで実習に行くことも当たり前なようです。

また、首都圏には、分野に直接関係の無い経営者が事業拡大目的だけで新しく学科を設立させることも多く、関係者の意識の低さからか、教員と生徒、生徒同士のつながりが希薄に感じることもあります。また、そのような学校の卒業生は、同級生や教員とのつながりが少ないからか、留年や国家試験の失敗ばかりではなく、就職したもののすぐに辞めてしまうようなケースもよくみられます。

新しさを取り入れる柔軟性があるのが理想!

現在、私が働いている訪問事業所では、すでに時代に流れに対応しGoogleのアプリやタブレットでの即時的な情報伝達、チャットワークによる会議などを取り入れています。移動中に書類のフォームが届き入力してすぐに返信する、利用者様の情報(カルテ)を現場で閲覧し記録を入力する、一つの場所に集まることなく部署の事例検討を行う、などのネットワーク無しにはもはや仕事にならないほどです。

思い返せば、私が学んだ専門学校では、当時としては画期的だったチャットによる連絡網を駆使し実習中も同級生や教員との繋がりを密に保っていました。この専門学校時代の経験のおかげで、新しい情報システムに柔軟に対応し活用する姿勢が育まれたと思っています。

以上、ランダムではありますが、将来性を見越した学校選びのポイントを挙げさせていただきました。後悔しない学校選択のためのお役に立てればと思います。

メルマガ・LINE・SNSで最新情報発信中!

この記事を書いた現役の理学療法士は・・・

理学療法士 10年目(35歳・女)

高校卒業後、塾講師などのアルバイトを経験してから4年制のリハビリ専門学校へ入学。卒業後、病院が展開する訪問リハビリを中心に携わり、現場での勤務の傍ら、研究活動にも励み、学会でも積極的に発表の機会を得ている。

この理学療法士が書いた他のおすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket