くるリハの人

10周年記念メッセージ2

高木病院 作業療法士 高椋 佐和子

勤務先の紹介

高木病院は、主に急性期の患者様のリハビリテーションに携わることが出来ます。
最新の医療機器やコメディカルとの連携の中で一丸となって患者様のリハビリに当たっています。
また、高木病院は、グループ内に様々な施設を設けていることから、ローテーションシステムにて他分野(急性期・回復期・維持期・在宅)での勤務を経験することが出来ます。この経験は、作業療法士としての視野を広げ、より質の高いサービスを提供するために大変恵まれた環境であると考えます。これまで普通に暮らしていた患者様が障害により自由を失い、そんな中でも少しずつ自分らしさをとり戻していくところに魅力を感じ、急性期のリハビリテーションに携わってきました。

4年間高木病院での勤務を経て、今年4月よりローテーションにて高木病院のデイケアセンターで勤務しています。在宅という全く違った視点でのリハビリテーションの意義や目標設定を模索している最中です。患者様や暖かいスタッフに囲まれ、充実した日々を送っています。

10周年へのコメント

10周年記念おめでとうございます。もう10年なんですね!学生の頃の楽しかった日々をとても懐かしく思います。市街地からは少し離れていますが、学校の設備においては大変充実しておりとても快適に過ごすことができました。また、同級生と遊びに行きますね!

高木病院 作業療法士 高椋 佐和子(福岡県杉森高等学校福祉科出身)

川崎病院 リハビリテーション科 作業療法士 永岡 陽子

創立10周年おめでとうございます。
1期生として入学し、気が付くと私も臨床経験7年目となりました。現在、八女市にある川崎病院という整形外科主体の総合病院で回復期病棟に所属し、患者様の社会復帰のお役にたてるよう、やりがいを感じつつ日々奮闘しています。
整形領域での作業療法は機能訓練寄りのものとなりやすく、そんな中での“作業療法の提供”が現在の私の課題です。学生を信じ寄り添う先生方の指導に、今も感謝しています。今後も学院のますますの発展をお祈り申し上げます。

川崎病院 リハビリテーション科 作業療法士 
永岡 陽子(大分県福徳学院高等学校出身)

くるリハをもっと知ろう!

くるリハのことをもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • ●国家試験合格率の秘訣を詳しく知りたい方

  • ●学校の雰囲気を知りたい方

  • ●学院の日常を知りたい方

  • ●お電話でのお問い合わせはこちら

国家試験合格率の秘訣を知りたい方

2017学校ガイド 資料請求はこちら

学校の雰囲気を知りたい方

オープンキャンパス開催中!

学院の日常を知りたい方

くるリハのオフィシャルブログ

お電話でのお問合わせはこちら

お問い合わせ専用ダイヤル