学科

理学療法学科(理学療法士)

最先端の実習設備をととのえた環境の中、4年間で即戦力となる知識と高度な技術を身につけます。

理学療法士は、医療機関や施設などで、身体に障がいのある方やその可能性のある方に、起きる、立つ、座るなどの基本的能力の回復と維持、悪化予防のためのあらゆる運動療法や物理療法を施す仕事を担います。

本学科では、4年間で医療・看護・介護の専門知識を広く学ぶとともに、医療機関や施設で使われている最先端の機器や道具を用いて、理学療法士に不可欠な力を身につけます。

目標とする資格(理学療法士)


  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 高度専門士(称号)
  • 学士(九州保健福祉大学併修で取得)

理学療法士になるために ~こんな実習やってます~

反射検査

打腱器とよばれる検査器具で、筋の腱部を叩いて、その時の反応を確認し神経や筋の問題がないかを判定する検査です。

装具の装着

病気や怪我によって脚に十分な力が入らなくなった患者様は、装具をつけて歩く練習をします。その装具の付け外し方も学びます。

関節可動域運動

肩の運動範囲を拡げる徒手療法。手の持ち方や、自分の体の動かし方などを練習します。

歩行訓練

バランス感覚を鍛えるために平行棒を使って行う訓練や、補助器具を利用しての訓練ができるように練習します。

理学療法士の主な就職先

久留米リハビリテーション学院では通常の求人のほか、医療法人の強みを生かした医療界の人脈により、学生の適材適所を考えた就職も斡旋しており、学生の就職活動を全力でサポートしています。

病院(総合・一般)/診療所(クリニック)/リハビリテーションセンター/肢体不自由児施設/肢体不自由者更生施設/身体障害者療護施設/介護老人保健施設/介護老人福祉施設/地方自治体及び保健所/教育・研究機関/スポーツ・フィットネス施設

理学療法士になった先輩、卒業生のエピソード/教員インタビュー(理学療法学科)

理学療法士を目指す在校生や実際に理学療法士として活躍している卒業生・教員のエピソードをご覧ください。


くるリハをもっと知ろう!

くるリハのことをもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • ●国家試験合格率の秘訣を詳しく知りたい方

  • ●学校の雰囲気を知りたい方

  • ●学院の日常を知りたい方

  • ●お電話でのお問い合わせはこちら

国家試験合格率の秘訣を知りたい方

2017学校ガイド 資料請求はこちら

学校の雰囲気を知りたい方

オープンキャンパス開催中!

学院の日常を知りたい方

くるリハのオフィシャルブログ

お電話でのお問合わせはこちら

お問い合わせ専用ダイヤル