教務部長・学科長紹介 福岡で理学療法士・作業療法士になるための学校

学科

教務部長・学科長紹介

教務部長 大坪 健一

すべての努力を惜しまず、学生を支えていきます。
保健・医療・福祉分野で必要とされている理学療法士・作業療法士は、リハビリテーションの一分野を担う専門職です。
運動や様々な機器を使用し、障がいのある方々の生活をサポートします。
障がいは生活に個人性があり、理学療法士・作業療法士には個別性を重視したオーダーメイドのリハビリテーションを提供する責務があります。

私ども教員一同は、そのような個別性や環境に柔軟に対応できる理学療法士・作業療法士の育成を目指しています。
また、学生ひとりひとりが社会人として自立できるよう学生のみなさんと接しています。
時には厳しく、時には優しく個人を尊重しながらオーダーメイドの指導を行います。

当学院での生活はきっと有意義な価値のある4年間になります。

将来への「志」を持った方々と一緒に成長したいと考えています。

理学療法学科 学科長 野中 嘉代子

理学療法士の職業を通して、「働く」ことの素晴らしさと喜びを伝えたい。
本校の良さは、基礎学力の徹底はもちろんですが、「目に見えない力を育んでいく」というところにあると自負しております。

本校の学生は、4年間で自分自身としっかり向き合い、他者の助言に耳を傾け本当に「変わりたい・成長したい」という主体的な気持ちで学生生活を送っています。
その思いに、私たち教員は精一杯応えること、一緒に成長するという覚悟をもって日々の指導に当たっています。
この目に見えない力が、必ず社会のお役に立てると信じています。

理学療法士の仕事は、保健・医療・福祉などの分野で多様性が求められる仕事です。
その多様性が求められる現場で働ける人材の育成を目指しています。

作業療法学科 学科長 岡 大樹

「個々の学生が持つ「その人らしさ」を尊重しながら、自律した人材を育てていきたい。
リハビリテーションの理念は「人間らしく生きる権利の回復」であり、作業療法士の仕事は「対象者が生きがいを持ち、豊かに暮らせるよう支援する」ことです。その人がその人らしく生きるために、いかに生きがいを持たせて生活できるようにすることができるのか、そういった意味ではリハビリテーションにおける作業療法士としての役割は非常に大きいです。

学生も一人の人間であり、その人らしさが必ずあります。自分にしかできない強みがあるはずです。私たち教員は作業療法士になる目的を理解した上で、個々の学生が持つ「その人らしさ」を尊重しながら、医療や介護、在宅や地域などあらゆる分野で必要とされ、活躍できる自律した人材育成を目指しています。

くるリハをもっと知ろう!

くるリハのことをもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • ●国家試験合格率の秘訣を詳しく知りたい方

  • ●学校の雰囲気を知りたい方

  • ●学院の日常を知りたい方

  • ●お電話でのお問い合わせはこちら

国家試験合格率の秘訣を知りたい方

2017学校ガイド 資料請求はこちら

学校の雰囲気を知りたい方

オープンキャンパス開催中!

学院の日常を知りたい方

くるリハのオフィシャルブログ

お電話でのお問合わせはこちら

お問い合わせ専用ダイヤル