リハビリQ&Aコーナー

Q9.理学療法士よりも作業療法士のほうが就職が有利??

リハビリのこと、理学療法士・作業療法士の仕事内容、受験のことを聞いてみよう!

理学療法士よりも作業療法士のほうが就職が有利だということを聞いたことがありますが実際どうなのでしょうか?

作業療法士のほうが求人数として実際に多くなってきているのが実情です。また現在、国家資格者数が理学療法士より、作業療法士のほうが4割程度少ないため同じ求人数でも作業療法士のほうが比率的には多い求人になっているということです。

その背景には、高齢化により生活に密着したリハビリが求められてきていて「応用動作」を専門とする作業療法士が求められてきているということではないかと思います。

また、第49回国家試験(平成26年度)は全国の国家試験合格率が初めて作業療法士のほうが理学療法士より上回ったという結果になりました。

その他の質問

Q7.理学療法士を目指す上で、高校からは専門学校より大学のほうがいいと勧められています。どのように考えるべきでしょうか?

Q8.私は社会人なのですが、理学療法士を目指した場合、卒業時に35歳になります。その場合でも就職はあるでしょうか?

Q10.看護師と理学療法士・作業療法士を迷ってなかなか決断がつきません、アドバイスを下さい。

くるリハをもっと知ろう!

くるリハのことをもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • ●国家試験合格率の秘訣を詳しく知りたい方

  • ●学校の雰囲気を知りたい方

  • ●学院の日常を知りたい方

  • ●お電話でのお問い合わせはこちら

国家試験合格率の秘訣を知りたい方

2017学校ガイド 資料請求はこちら

学校の雰囲気を知りたい方

オープンキャンパス開催中!

学院の日常を知りたい方

くるリハのオフィシャルブログ

お電話でのお問合わせはこちら

お問い合わせ専用ダイヤル