くるリハ第1回オープンキャンパスを開催しました! 福岡で理学療法士・作業療法士になるための学校

くるリハ
オフィシャルブログ

くるリハ第1回オープンキャンパスを開催しました!

春の日差しを心地よく感じながら、くるリハでは4月10日に第1回オープンキャンパスを開催しました。参加していただいた皆さんありがとうございました。また、今回は宮崎県や鳥取県からも参加していただきました。

今回も実施にあたり新型コロナウイルス感染予防として、受付時に手の消毒、検温を参加者全員にご協力していただき、各室内換気の実施や、開催時間の短縮など、十分に対策をとって開催させていただきました。

【アンケート①】
Q.本日で何校目のオープンキャンパス参加ですか?
a.1校目 50%  b.2校目 25%  c.3校目 12%  d.4校目 12%

それでは第1回くるリハオープンキャンパススタートです!
始めに各教員のからご挨拶です。

次に今回のオープンキャンパスを盛り上げてくれる学生スタッフの紹介です。

学生を代表して作業療法学科3年生の三笠晴香さん(山口県立山口高等学校出身)が「くるリハに進学を決めた理由」や、「学生生活」の話などを詳しくしてくれました。
三笠さんありがとうございました。

次に参加者のみなさんは各グループに分かれて、学生スタッフとの自己紹介です。

保護者様は、そのまま講堂にて「保護者説明会」になります。
学校選びの基準や、学費、昨年4月から開始された修学支援制度など、保護者様に知っていただきたい内容を詳しく説明させていただきました。

「e-school授業体験!」
くるリハ1番の特徴といえば、他の学校にない「e-school授業」です。入学時にプレゼントされるタブレットPCを使って、実際の授業を体験していただきました。


日頃からe-schoolを使って勉強している学生スタッフより説明です。

次に、学生スタッフとの交流の時間です。

今回はポカポカとして天気も良かったので中庭に出て記念撮影してみました☆彡


「休憩タイム♪」


「理学療法学科体験」

理学療法学科体験を担当した志方先生のコメントです。
今回の学科体験では理学療法の定義について説明をし、その領域について紹介をいたしました。体験では脈拍と血圧を実際に測定し、またバルサルバ試験を実施し、迷走神経反射によって脈拍が減少し、血圧が低下することを実際に体験していただきました。




脈拍や血圧を測定することで、リハビリ中のリスク管理を行っていること、また最適な運動強度でリハビリを提供する旨を説明しています。
最後に臨床時代の訪問リハビリの経験より、リハビリを提供することでその方のできることが増え、生活を豊かにし、人生を支えることができる魅力的な仕事であることを伝えています。
それでは、次回のオープンキャンパスは違う内容の体験を準備していますので、ぜひご参加ください!

「作業療法学科体験」

今回、作業療法学科体験を担当した久保先生のコメントです。
作業療法学科体験ではまず、「作業」という言葉からどんなものがイメージできるかを考えてもらい、今回は脳梗塞によって片麻痺となったと想定して、いろいろな事を考えて、体験していただきました。

まずは日頃、何気なく両手で行っている動作について考えていただきました。ボタンをとめたり、袋を開けたり、ふきんを絞ったり、料理をしたり、洗濯物をたたんだり、両手を使って行っている動作はたくさんあります。それが片手しか使えなくなってしまったら・・・。皆さんは想像したことがあるでしょうか?片手になるだけで生活がとても不便になってしまいます。そのことを体験していただくため片手で洋服をたたむ体験をしていただきました。




初めて片手で行う動作に参加者の皆さんも苦戦されていました。そこで作業療法士からの動作指導や道具の活用を提案することで苦戦していたことがスムーズにできたり、安定して行うことができるようになります。
作業療法士は生活のアドバイスやアイデアで患者さんの生活を変えることができるのです。
作業療法士には今回紹介した分野以外にも活躍できる分野がたくさんあります。
興味がある方はぜひオープンキャンパスへのご参加をお待ちしております。

【アンケート②】
Q.本日のオープンキャンパスはいかがだったでしょうか?
a.とても良かった 63%   b.良かった 37%

【アンケート③】
Q.本学院を受験しようと考えていますか?
a.必ず受験する 38%   b.受験したい 38%  c.今後考える 24%

「最後にアンケートに記入していただいた参加者の声です」
・「体験授業がとても楽しかったです。自分では経験できないことができて良かったです。また参加します!」(高校3年生)

・「昨年からいろんな学校のオープンキャンパスに参加しましたが、くるリハのオープンキャンパスが1番充実していると思いました。先生方や先輩方にまた逢いに行きます。(高校3年生)

・「理学と作業の違いがわからなかったのですが、本日参加して身体だけでなくこころのリハビリができる作業療法にとても興味を持ちました。」(高校3年生)

・「本日はとても深い説明をしていただきありがとうごいざいます。貴校の熱意を感じました。学校の信念・先生方の熱意(入学から卒業まで)を感じました。」(保護者様)

・「学生さんがお話しされている姿を見て、子供に「くるリハ」に行って欲しいと強く思いました。子供が第2希望は、ないと言う意味が分かりました。」(保護者様)

・「進路や学費について詳しく説明していただけて非常に理解できました。また、国試の合格率についても、やはり一つの評価軸になるため、その中身を理解できました。学校内の雰囲気、特に先生と学生の繋がりの強さが感じ取れ、信頼感が伝わってきました。」(保護者様)

今回のオープンキャンパスの模様くるリハInstagramでも公開しています。
くるリハInstagramはこちらから

メルマガ・LINE・SNSで最新情報発信中!

前のページへ戻る
ブログ一覧へ
次のページへ進む

くるリハをもっと知ろう!

くるリハのことをもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • ●国家試験合格率の秘訣を詳しく知りたい方

  • ●学校の雰囲気を知りたい方

  • ●学院の日常を知りたい方

  • ●お電話でのお問い合わせはこちら

国家試験合格率の秘訣を知りたい方

2017学校ガイド 資料請求はこちら

学校の雰囲気を知りたい方

オープンキャンパス開催中!

学院の日常を知りたい方

くるリハのオフィシャルブログ

お電話でのお問合わせはこちら

お問い合わせ専用ダイヤル