就職・資格

作業療法士として就職が決まった先輩のメッセージ

作業療法士として就職が決まった作業療法学科の先輩からのメッセージです。

桑原 小牧

桑原 小牧(長崎市立長崎商業高等学校出身)

就職先:社会福祉法人 佐賀整肢学園こども発達医療センター(佐賀県佐賀市)

家族へ。
久留米リハビリテーション学院を無事に卒業する事が出来ました。勉強嫌いだった私がちゃんと卒業できるのか不安だったと思います。

作業療法士という道を選ぶきっかけを与えてくれた弟や、いつも笑顔で家族を支えてくれているお母さん。心配性だけど頼りになるお父さん。この4年間、苦しい時やつらい時の支えでした。これからは家族、自分のために成長して立派な作業療法士になりたいと思います。4年間、本当にありがとうございました。

古賀 亜紀

古賀 亜紀(福岡県立浮羽究真館高等学校出身)

就職先:医療法人向陽会 筑後川温泉病院(福岡県うきは市)

4年前に指定校推薦をいただいたおかげで、4年間学ぶことができました。そして今年、無事国家試験に合格することができ、就職も決まり作業療法士という夢を叶えることができました。

これは支えてくださった先生方のおかげです。
今後は患者様のため、地域のために貢献できるように頑張りたいと思います。

浮羽究真館高等学校で普段から習慣づいていた挨拶や礼儀は、学習や実習でも自然と行うことができ、とてもためになったと実感しています。本当にありがとうございました。

作業療法士として活躍中の作業療法学科の卒業生から

作業療法士として第一線で活躍中の作業療法学科の卒業生メッセージです。

金子 秀美

患者様からの「ありがとう」。この仕事で良かったと思う。

作業療法士:金子 秀美 福岡県私立八女学院高等学校出身身
就職先:福岡県小郡市 医療法人社団シマダ 嶋田病院

私は今急性期病棟で働いています。脳梗塞直後の患者様や外科疾患・整形疾患での術後すぐの患者様のリハビリの介入など、また様々な疾患の方が入院されています。

早期ADLを獲得することを目標とし、早期退院に向け患者様それぞれにあったリハビリを選択するには日々考えさせられることばかりです。患者様と関わる中で、患者様の笑顔が見えた時や「ありがとう』などの言葉を頂いた時は、この仕事をしていてよかったなとつくづく実感します。

私はまずコミュニケーションを大事にし、患者様が何に困っているのか、今後どうすればより住みやすい環境になるのかベストな形で退院できるように考え、日々努力していきたいです。

高椋 佐和子

患者様から元気を与えられる、幸せな職業だと思います。

作業療法士:高椋 佐和子 福岡県私立杉森高等学校出身
就職先:福岡県大川市 医療法人社団 高邦会 高木病院

患者さま一人一人、病気の状態やその人の社会背景、パーソナリティーは違います。そのため、急性期において患者さまとの関係を築いていくことに大変労力を必要としました。そんな中でも、ふと患者様がみせる笑顔や感謝の言葉で、逆に元気を与えられているような気がします。その度に幸せな職業だなと感じます。

特にOTは、身体機能面だけでなく、病気によって急激に環境が変化し心理的に不安を抱く患者様にとって、寄り添える作業療法士になりたいと考えます。

くるリハをもっと知ろう!

くるリハのことをもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • ●国家試験合格率の秘訣を詳しく知りたい方

  • ●学校の雰囲気を知りたい方

  • ●学院の日常を知りたい方

  • ●お電話でのお問い合わせはこちら