学科

理学療法士と作業療法士の違い(仕事内容の比較・共通点・特徴など)

理学療法士と作業療法士の違いとは?

理学療法士と作業療法士

それぞれ名前は聞いたことがあるけど、何をするのか、どのような違いがあるのか、具体的なことはよく知らない、という方が多いのではないでしょうか。

そこで、医療や福祉の分野で幅広く活躍できる理学療法士と作業療法士の仕事内容とそれぞれの役割についてご紹介いたします。

理学療法士について

理学療法士の仕事内容

理学療法士は、<動作>の専門家

理学療法士は、座る、立つなどの基本動作ができるように身体の基本的な機能回復をサポートします。

寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を専門に行うことから、<動作の専門家>とも呼ばれています。

骨折が修復された後、その部分の基本的な機能(動作)を回復させるために、運動療法や物理療法などを行います。

身近なところでは、「スポーツリハビリ」の分野において、怪我した腕や脚などの基本動作を回復させる役割を理学療法士が担っています。

実際の理学療法って?

1.筋肉や関節を動かす運動療法

ケガをした患者や手術を行なった患者には安静が必要なため、筋肉や関節が動かせず筋力低下や関節可動域制限を引き起こす可能性があります。理学療法士は医師から患者の回復状況を確認しながら、筋肉や関節を動かす運動を行ないます。運動方法にはセラピストが他動的に動かす他動運動、患者本人が動かす自動運動、セラピストが介助しながら患者が動かす自動介助運動などがあります。

2.患部を温めたり冷やしたり、電気で刺激を与える物理療法

体に温熱や寒冷、電気などの物理的な刺激を与え、痛みの軽減や血液循環の改善、過剰な筋緊張の緩和などを図る治療を物理療法と言います。リハビリテーションの現場にはホットパックや低周波治療器、超音波治療器など複数の物理療法機器が導入されており、理学療法士はそれらの機器を使用して治療を行います。

3.立つ、歩く、座るなどの日常生活活動訓練など

立つ、歩く、座るといった動作は日常生活を送るための基本的な動作であり、食事や入浴、排泄などが出来るようになるために必ず必要な動作です。理学療法士は患者の病状や身体状況に合わせてベッドからの離床を促し、座る動作、立つ動作、歩く動作などの基本動作の練習を行ないます。基本動作の改善と合わせて食事や入浴、排泄などの日常生活動作の練習を実施します。

理学療法士が活躍している分野

スポーツリハビリ


理学療法士の仕事で高校生などに一番身近なイメージが、スポーツリハビリです。プロスポーツ選手をはじめ、スポーツで骨折など怪我をされた方の基本動作を回復させるために運動・物理療法を行います。スポーツチームでトップアスリートのトレーナーとして活躍している理学療法士も多くいます。

病院・老人保健施設


理学療法士の就職先の多くは、病院や介護老人保健施設です。病院では、急性期という入院直後の患者様のリハビリテーションを支援します。

病気や怪我で入院することになってしまった患者様が意欲的にリハビリテーションに臨めるよう、二人三脚でサポートする役割を担っています。

※こちらも参考になります



作業療法士について

作業療法士の仕事内容

作業療法士は、<こころ>と<からだ>のリハビリを行う専門家

理学療法士が座る・立つなどの基本的な動作に対して、作業療法士は、指を動かす、食事をする、入浴をする、など日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートします。

「日常生活活動(ADL)」ができるようになるための治療や援助を行うことで、仕事、趣味、遊びなど「元気な日常生活を送ってもらうため」のリハビリを支援します。

例えば、患者さんの趣味・嗜好を考慮しながら、手芸や陶芸を通して、応用動作ができるよう支援し、社会的に適応していくためのリハビリまでサポートすることで、機能回復に加えて、患者さんが生き生きと生活していけるよう精神面(こころ)のサポートまで行う役割を担っているのです。

実際の作業療法って?

1.身体を自由に動かすための身体運動活動

ケガや手術などにより長期安静を余儀なくされていた患者はすぐに身体を自由に動かすことは出来ません。作業療法士は他動運動や自動運動、自動介助運動を行なって関節や筋肉を動かし、患者が自由に身体を動かせるようにサポートを行ないます。

2.仕事や学習能力を高めるための活動

患者が学生や社会人の場合は、退院後に学校や職場へ復帰しなければなりません。作業療法士は患者が復帰するために必要なことを評価し、必要な練習を行ないます。

3.手先を動かすための手工芸の活動

作業療法では手工芸などの作業を通じてリハビリテーションを行ないます。手工芸では複雑な関節運動や繊細な力加減が求められます。作業療法士はこのような作業を通じて関節の巧緻動作の改善を行ないます。

4.支障なく毎日を送るための生活活動

支障なく毎日を送るためには、食事や排泄、入浴、着替え、整容動作などの日常生活動作が出来ることが必要です。作業療法士は日常生活動作に介助が必要とな患者に対して、日常生活動作練習を行ないます。日常生活動作能力は家族の介護負担に大きく関係するため、自立出来ることを目指して練習を行ないます。

5.生活圏拡大を目的とした活動

リハビリテーションは、患者の生活の質をできるだけ改善することを意識して行ないます。患者が公共交通機関などを利用して外出できるようになれば、患者の生活圏は拡大し生活の質は大きく向上します。ショッピングを楽しみたい、旅行に行きたいなど具体的な目標を立てることで、患者のリハビリへのモチベーションも高まります。

作業療法士が活躍している分野

病院・老人保健施設

作業療法士も理学療法士と同様、急性期の病院で活躍しています。.また、作業療法士の場合、患者様が日常生活で必要な動作の回復を支援することから、回復期と呼ばれるリハビリテーション領域での活躍場面が多くなります。

入院された患者様が早期にご自宅へ復帰していただけるよう重要な役割を担っています。

障害者福祉施設・児童養護施設など

作業療法は、理学療法の後を引き継いで療法を行うことが多いため、医療機関をはじめ、医療と福祉の連携施設などでも活躍しています。

医療や福祉の現場でリハビリテーションの重要性が高まっていることに合わせ、患者様が日常生活に復帰して自立できるよう支援する作業療法士の役割への期待が高まっています。

骨折の他にも作業療法士の力を必要としている人がいます。

身体に障がいのある人

脳卒中/パーキンソン病/リウマチ/脊髄損傷/その他

こころに障がいのある人

統合失調症/躁うつ病/アルコール依存症/認知症/その他

発達期に障がいのある子供

脳性麻痺/精神発達地帯/自閉症/学習障がい/その他

老年期に障がいのある人

認知症/脳卒中/骨折/その他

理学療法士・作業療法士の資格試験の違い

理学療法士と作業療法士の資格を取得する為には、卒業年度に実施される国家試験に合格しなければなりません。試験日や試験地、試験の形式(マークシート方式)など共通点が多い理学療法士と作業療法士の国家試験ですが、実際にはどのような違いがあるのかについて説明します。

1.理学療法士・作業療法士の国家試験合格率(過去10年)の違い

年度(平成)理学療法士作業療法士
19年度86.6%73.6%
20年度90.9%81%
21年度92.6%82.2%
22年度74.3%71.1%
23年度82.4%79.7%
24年度89.0%77.3%
25年度83.7%86.6%
26年度82.7%77.5%
27年度74.1%87.6%
28年度90.3%83.7%

理学療法士と作業療法士の過去10年の合格率を比較してみると、平均では理学療法士の方が合格率が高い傾向にあります。しかし、近年は理学療法士の国家試験の合格率は徐々に下がってきており差はあまりない状況となっています。

2.理学療法士・作業療法士の国家試験受験者数の推移(過去10年)

年度(平成)理学療法士作業療法士
19年度7,9975,783
20年度9,1196,675
21年度9,8356,469
22年度10,4755,824
23年度11,9565,821
24年度11,4115,285
25年度11,1295,474
26年度12,0355,324
27年度12,5156,102
28年度13,7195,983

理学療法士の国家試験受験者数は年々増加傾向にあります。一方で作業療法士は平成21年度のピークからやや減少し、近年は6千人前後の人が国家試験を受験しています。

3.理学療法士・作業療法士の国家試験の「一般問題」と「実地問題」の違い

理学療法士と作業療法士の国家試験は「一般問題」と「実地問題」から構成されています。「一般問題」は理学療法士と作業療法士に必要な医学の基礎知識を問う問題となっており、主に養成学校の授業で習う内容から出題されます。一方で「実地問題」は理学療法士と作業療法士の専門的な知識を問う問題となっており、授業で習う内容に加えて実技や実習などで学習する内容について出題されます。

 一般問題は1問1点で160問、実地問題は1問3点で40問が出題されます。合格基準は試験実施後に発表されますが、例年の結果を見ると全体で60%以上、実地問題で36%以上を得点することで合格できます。

理学療法士・作業療法士それぞれの魅力とやりがい

1.理学療法士の魅力・やりがい

理学療法士の魅力は病院や介護施設、スポーツ分野など幅広い分野で活躍することができることです。全国に職場があるため転職に強く、失業しにくい安定した職業ということができます。学校では筋肉や関節、運動など身体のつくりや健康に関することを多く学ぶため、日常的にスポーツを行っている人など健康的な身体作りに興味がある人は楽しく勉強することが出来ます。
理学療法士の一番のやりがいは、人の役に立っていることを実感できることです。患者をより元気にしてあげたいという気持ちが大きなモチベーションになり、自己研鑽を行なうことで理学療法士として成長していくことができます。

2.作業療法士の魅力・やりがい

作業療法士も理学療法士と同じように病院や介護施設などに多くの需要があり、就職が安定しているという魅力があります。理学療法士と違う点は作業療法は精神面へのアプローチが可能な為、精神科病院や認知症施設などにも多くの需要があるということです。日本では高齢化により認知症高齢者が急増していることから作業療法士の需要は増加しています。
作業療法では、作業を通じてリハビリテーションを行うため、患者と一緒に楽しみながら仕事を行うことができます。作業を通じて患者が元気になっていくことにやりがいを感じることができる職業です。

理学療法士と作業療法士それぞれに向いている人

1.理学療法士に向いている人

理学療法士はリハビリによって患者を元気にすることが仕事です。そのため、理学療法士には「患者を元気にしてあげたい。」という人間的な優しさが必要です。また、医学の進歩に合わせて新しい知識や技術を取り入れていくことが求められる為、向上心があり就職後も自己研鑽が出来る人が向いています。
仕事では患者や家族、他職種の人など多くの人とコミュニケーションをとらなくてはなりません。性格的に明るく、人と接することが好きな人や、人との約束をきちんと守り、適切な報告や連絡、相談が出来る人は理学療法士に適正があります。
理学療法士はスポーツ分野に強い特徴があるため、身体を動かすことが好きな人や、運動に興味がある人は理学療法士はおすすめです。

2.作業療法士に向いている人

作業療法士も理学療法士と同じく、患者を元気にしてあげたいと思う人間的な優しさがあり、明るく人とのコミュニケーションが得意な人、就職後も向上心をもって自己研鑽が出来る人が向いています。
作業療法士は認知症高齢者や統合失調症などの精神疾患がある患者の治療を行うことが多いことから、患者一人ひとりに合わせたコミュニケーション能力が求められます。
作業療法ではリハビリの中で家事や趣味、運動などの要素を取り入れた作業を行ないます。医療以外にも多様な分野に興味があり、視野が広い人が作業療法士に向いています。

理学療法士、作業療法士になるための志望動機

志望動機は養成学校を受験する際や、就職面接において必ず聞かれる質問です。志望動機がしっかりとしている人は目的意識がしっかりしていて勉強や仕事へのモチベーションが高い場合が多いため、面接でしっかりした受け答えが出来るかどうかは評価に大きく影響します。理学療法士や作業療法士を目指す人は志望動機をしっかりと伝えられるようにしておきましょう。

1.理学療法士の志望動機について

理学療法士の仕事は運動療法が中心となることから、スポーツをしていた人など運動に興味がある人が多く志望する傾向にあります。将来的にスポーツ分野に関わりたいと思っている人や、自身が骨折治療などで理学療法を経験し興味を持ったという人が多いです。

2.作業療法士の志望動機について

作業療法ではリハビリで作業を行なうことから、細かな作業などが好きな人が多く志望する傾向にあります。リハビリの中で料理や工芸、裁縫などを行なうなど、患者の嗜好や趣味を治療に取り入れるところに魅力を感じている人が多いです。

3.理学療法士と作業療法士の共通した志望動機

理学療法士と作業療法士は国家資格であり、医療や介護分野に安定した就職先があることが共通した志望動機としてあげられます。また、理学療法士や作業療法士の仕事は人の役に立っていることが実感しやすいため、「誰かの力になりたい」という気持ちから志望する人が多いです。

理学療法士、作業療法士の求人の違い

1.理学療法士の求人

医療分野と介護分野において安定した求人があります。特に介護分野の求人数は増加傾向にあり、老人保健施設や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションにおいて需要があります。医療分野では急性期医療を行なう総合病院や、回復期のリハビリを行なうリハビリテーション病院、整形外科などリハビリテーション科があるクリニックなどからの求人が多く見つかります。都会から地方まで全国に職場があるため、自分が働きたいエリアで仕事を見つけることが出来ます。

2.作業療法士の求人

理学療法士と同様に医療分野と介護分野において多くの求人があります。急性期医療を行なう総合病院や回復期治療を行うリハビリテーション病院、精神疾患の治療を行う精神科病院などに多くの求人があります。また、作業療法士は認知症高齢者へのリハビリを得意としていることから、認知症高齢者が多い介護施設などで多くの需要があります。また、障害を抱える子どもが利用する福祉関連施設などからの求人もあります。

理学療法士、作業療法士の病院での地位と給与格差の違い

1.理学療法士の地位や給与

理学療法士には勉強熱心な人が多く、理学療法士は医療現場において他職種から一目置かれている存在と言えます。チーム医療の中で存在感を示すことで、職場で信頼される存在になることができます。給料も日常生活を送るのに十分な金額をもらうことができ、責任ある立場へと出世することで高額な給料をもらうことも可能です。

※こちらも参考になります

2.作業療法士の地位や給与

病院や介護施設における作業療法士の地位や給与は理学療法士とほとんど変わりません。理学療法士と作業療法士の両方を募集しているところでは、ほとんどが同じ給与や勤務条件で募集を行なっています。日常生活を送るのに十分な給料をもらうことができ、出世して責任ある立場になることで高額な給料をもらうことも可能です。精神科や認知症施設では中心的な役割を果たすことが多く、他職種からの信頼も厚いです。

理学療法士、作業療法士それぞれ大変なこと

1.理学療法士にとって大変なこと

理学療法士は患者やその家族、他職種の人など多くの人と関わりながら仕事をしています。そのため、人間関係を良好に保つことが重要になります。時には言いたいことを我慢しなければならないこともあるため、人付き合いが苦手な人は大変に感じるかもしれません。
また、理学療法士として成長する為には多くの経験を積み、就職後も多くの知識や技術を学ぶ必要があります。最初は思い通りの治療が提供できないことに不安を感じるかも知れませんが、経験やスキルを積み重ねることで理学療法士として成長し治療技術は向上していきます。

※こちらも参考になります

2.作業療法士にとって大変なこと

理学療法士と同様に患者や家族、他職種との人間関係を良好に保つことが大変です。人間関係を良好に保つためには、自分の仕事をきちんと行い、職場で信頼される存在になることが重要です。
認知症患者の中には入院時や入所時に状況把握が出来ずに混乱し、危険な行動を起こしてしまうことがあります。このような患者は目が離せないため、大変に感じることがあります。

※こちらも参考になります

理学療法士、作業療法士 女性が気になるそれぞれの結婚事情

1.理学療法士の結婚について

理学療法士の生涯未婚率は他の分野と比較して低く、比較的結婚しやすい職業と言えます。結婚相手でもっとも多いのは医療従事者であり、その中でも理学療法士同士や作業療法士との結婚が多いです。理学療法士と作業療法士は同じ養成学校で勉強し、職場でも同じリハビリテーション科に所属します。学校時代に知り合って結婚する人もいますし、職場で知り合って結婚する場合もあります。理学療法士は男性が多いため、女性にとっては相手が探しやすい状況と言えるでしょう。

2.作業療法士の結婚について

作業療法士も生涯未婚率は低くなっており、多くの人が結婚しています。理学療法士の場合と同じく、養成学校や職場で知り合った人と結婚することが多く、作業療法士同士や理学療法士との結婚が多くなっています。結婚後も仕事を続ける人が多く、出産後に職場復帰している人も多く見られます。

理学療法士と作業療法士の学校

1.理学療法士の養成学校

理学療法士の養成学校には大学と専門学校があり、専門学校には3年制、4年制、夜間の学校があります。どの学校でも国家試験の受験資格を得ることが出来ますが、学習環境や学費、得られる学位などに違いがあります。
大学は資格取得の目的以外にも専門分野の研究を行なうという目的があり、学校によっては大学院を併設しているところもあります。また、大学は卒業することで「学士」という学位を取得することができます。設備は充実していることが多いですが、専門学校と比較すると学費は高めであることが多いです。

専門学校では資格取得や就職を意識した教育を受けることができ、実践的な能力を身につけたいと考えている人に適した教育が受けられます。3年制の学校は短期間で資格取得を目指すことが可能ですがカリキュラムが厳しく、勉強についていけなくなるリスクがあります。一方で4年制の専門学校では時間的な余裕があるため、理学療法士として必要な知識や技術を確実に身につけることができます。
夜間学校は働きながら資格取得を目指す為の学校で、夕方から授業が始まる特殊な時間割りとなっています。実習期間中は仕事が出来ないため、就職先の協力が不可欠となります。

2.作業療法士の養成学校

多くの学校では理学療法学科と作業療法学科を同時に運営しているため、作業療法士の養成学校と理学療法士の養成学校は基本的に同じです。大学と専門学校(3年制、4年制、夜間)がある点、資格取得までに必要な期間、学費なども共通しています。
1年次や2年次の基礎医学の勉強では理学療法士と一緒に勉強することも多いです。3年次や4年次になると専門分野の勉強が多くなり、別々の授業が多くなります。
作業療法士の養成学校にも理学療法士養成学校と同じ特徴があり、4年制専門学校であれば国家試験合格と就職に力を入れた実践的な授業が受けられます。

理学療法士と作業療法士の学費

1.理学療法士養成学校の学費

理学療法士養成学校の学費は学校によって差があるため、総額でどの程度の学費が必要になるのか事前にしっかりと把握しておくことが重要です。学費は大学よりも専門学校の方が安い傾向にあり、1年間の学費で比較した場合には3年制専門学校よりも4年制専門学校の方が安い場合が多いです。地域によっても学費には差があり、立地条件が良い学校は学費が高くなる傾向にあります。

注意が必要なのは理学療法士養成学校では、学費の他に臨床実習費用や教科書代、ユニフォーム代などの費用が別途必要になるということです。学費と合わせてどの程度の費用が必要なのか把握しておくことが大事です。

※こちらも参考になります

2.作業療法士養成学校の学費

作業療法士養成学校でかかる費用は基本的に理学療法士養成学校と同じです。1年間の学費で比較した場合には、大学や3年制専門学校よりも4年制の専門学校が学費が安い傾向にあります。学校によっては優秀な学生を集めるために特待生制度を導入している学校もあります。学校がもうけた基準を満たし、選抜された場合には入学金や授業料が減額される場合があります。

くるリハをもっと知ろう!

くるリハのことをもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • ●国家試験合格率の秘訣を詳しく知りたい方

  • ●学校の雰囲気を知りたい方

  • ●学院の日常を知りたい方

  • ●お電話でのお問い合わせはこちら

国家試験合格率の秘訣を知りたい方

2017学校ガイド 資料請求はこちら

学校の雰囲気を知りたい方

オープンキャンパス開催中!

学院の日常を知りたい方

くるリハのオフィシャルブログ

お電話でのお問合わせはこちら

お問い合わせ専用ダイヤル