くるリハ
オフィシャルブログ

マインドフルネス研修♪inKURUREHA

こんにちは(^O^)ブログ初投稿のくるリハ事務の貞包です。

先日、くるリハ教職員を対象とした「マインドフルネス」研修会が行われました。
マインドフルネス・・・??
この言葉を初めて聞かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

【マインドフルネスとは】
過去や未来ではなく、“いま、ここ”に意識を向けること。
そうすることで、集中力のアップやストレスの軽減など、様々な効果が期待されます。

講師として、“自分磨きスクール咲花”陣内千春先生にお越しいただきました。
陣内千春先生のプロフィールはこちら↓↓
陣内千春先生プロフィール

現在は様々な企業や大学などの教育機関においても、この「マインドフルネス」が実践されています。

研修中の陣内千春先生

いわれてみると、頭の中は午前中の反省や、明日の予定は大丈夫だろうかと心配したりでいっぱいでした(^_^;)
思考がこのような状態だと、私たちはストレスを感じるそうです。

研修では、“いま、ここ”に意識を向けやすくするために、【瞑想】という方法を実践しました。また、雑念が入りやすい時は自分の「呼吸」を手がかりにするといいそうですよd(>_<)☆

瞑想中

将来、医療に携わる職業に就く学生たちはマインドフルネスであってほしいし、指導する先生もマインドフルネスであってほしい。という陣内先生の言葉で、自然とゆったりした気持ちで貴重な時間を過ごしました。

また、マインドリスニングのワークもありました。
マインドリスニングは、2人で行う、相手の話をしっかり「聞く」ことに集中するというものです。

途中で話し手に質問をしたり、話を促すような声掛けは控え、とにかく「聞く」に徹するとのことで、今回は【感謝していること】をテーマに2分間話し、相手に聞いてもらうということを交代して行いました。

いざ始めるてみると、聞いている私は案の定、質問しそうになったり相づちをを入れそうになったり意外と難しいものでした。

他の教職員の感想はというと
「話し始めは、聞かれているだけということに抵抗があったが、相手の表情から話が受け入れられていると感じ、聞いてもらいたいという思いに変わった」
「2分間は長く、話が尽きるのではと心配していたが聞いてもらっていると、言葉が自然と出てきてあっという間に終わった」
という声が聞かれました。

これは習得すると素晴らしい効果が期待できそうです(*^_^*)

マインドリスニングの様子

学生が将来医療現場で活躍するには、確かにマインドフルネスなセラピストでいることは大きな強みになるでしょう!

今回の研修で、私たち教職員は学生を育成するために、自分自身がどのような状態であるべきかという新たな気づきを得ることができました。
そしてぜひ学生へも還元していきます!

最後に、陣内先生は、自分磨きの様々な方法を研究し、ご紹介されています。
ぜひ、興味のある方は、陣内先生のブログをチェックしてみてはいかがでしょうか!?

陣内先生のブログはこちらからチェック!!↓↓
陣内千春先生のブログ

陣内先生、お忙しい中貴重なお時間をありがとうございました。

メルマガ・LINE・SNSで最新情報発信中!

前のページへ戻る
ブログ一覧へ
次のページへ進む

くるリハをもっと知ろう!

くるリハのことをもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • ●国家試験合格率の秘訣を詳しく知りたい方

  • ●学校の雰囲気を知りたい方

  • ●学院の日常を知りたい方

  • ●お電話でのお問い合わせはこちら

国家試験合格率の秘訣を知りたい方

2017学校ガイド 資料請求はこちら

学校の雰囲気を知りたい方

オープンキャンパス開催中!

学院の日常を知りたい方

くるリハのオフィシャルブログ

お電話でのお問合わせはこちら

お問い合わせ専用ダイヤル